水の波紋

成形の現場で支持される離型剤を使うのがおすすめ

プラスチックやゴムを素材とする製品は、一度に大量に生産することが多く、成形の現場は常に時間との闘いです。そうした現場で働く人たちが、過度のストレスにさらされずに作業することが出来るように、離型剤は、現場の作業をやりやすくしてくれるタイプのものを選ぶことが大切です。
その意味でおすすめなのが、主成分がフッ素コーティング剤のフッ素系離型剤です。フッ素系の離型剤は様々な種類の製品があり、刷毛があれば現場ですぐに金型に塗布できるタイプのものや、スプレー缶タイプもあります。一度に成形・離型する製品の数が多ければ多いほど、離型性能の低下が早く認められる傾向があるので、そうした厳しい現場においては、臨機応変な対応ができる離型剤を常に用意しておくといいでしょう。
フッ素系離型剤の製品には、他にも現場への配慮がされたものがあります。それは、不燃性溶剤を使った離型剤です。離型剤と引火を結び付けて考える人はあまりいないかもしれませんが、製品をルーチン業務として大量に成形している場では、金型に使われる離型剤の量も多くなります。その溶剤が引火性のあるものだと、換気が悪い作業現場では、ちょっとのうっかりで大きな火災事故にもつながりかねません。
フッ素系離型剤は、こうした現場での使い易さゆえに、高い支持を得ています。是非使ってみることをおすすめします。

ピックアップ

コンテンツ一覧

SITE MAP