水の波紋

現場で使える離型剤があれば製造作業の中断を最小限に抑えられる

プラスチックやシリコンを使った製品を、日々大量に生産、出荷、そして販売しているところでは、製品が売れれば売れるほど、追加で製品を作る作業に追われることになります。そうした現場では、限られた時間でいかに多くの製品を、確実に生産することが出来るかが重要になってきます。
製品の生産業務を早く確実に行う上では、効果に確実性を期待できる離型剤を使うことが必須となります。その点、もっとも安心感があるのは、フッ素コーティングの原理を利用したフッ素系の離型剤でしょう。フッ素系離型剤を金型に塗布しておけば、小型・薄型、或いは、極細の製品や入り組んだ設計の複雑な形をした製品でも、サクサクと快調に離型作業を進めることができるでしょう。
しかし、それほど優秀なフッ素系離型剤であっても、連続離型に次ぐ連続離型では、さすがに効果が薄れてきます。そんな場合に備えて、スプレータイプのフッ素系離型剤を現場に満足な数だけ常備しておきましょう。その日の生産ノルマがまだ残っているのに、離型剤が不足して成形作業を中断せざるを得ないという事態を避けるためです。スプレータイプだけではなく、刷毛で塗布するタイプのものもあります。両方揃えておけば、成形作業を中断する時間は、必要最小限に抑えることができるでしょう。

ピックアップ

コンテンツ一覧

SITE MAP