水の波紋

高度な離型効果を持つフッ素系離型剤が特に役に立つケース

プラスチックという素材は、加工の仕方でどんな形にでもすることが出来、軽量というメリットもあって、幅広い産業界で多くの製品に利用されています。確かに便利な素材ではありますが、個体のプラスチックは、力を入れると壊れやすいという難点があります。ことに、非常に薄い形、あるいは細くとがった形のプラスチック製品や部品は、慎重な扱いをする必要があります。
これは、こうしたプラスチック製品ないし部品を製造するプロセスについても言えることです。プラスチックは、液状の素材を金型に注入して成形するというやり方で一定の形を持つようになります。しかし、金型と成形物を分離する際、金型に粘着して壊れる場合があります。この問題に対処するために使われるのが離型剤で、特に、フッ素コーティングの非粘着性を利用した離型剤は、ずば抜けて高い離型効果を発揮します。
極度に薄いプラスチック製品、或いは、針のように細い製品や部品を破損せずに金型から分離するためには、成形物がほぼ完全に金型に付着しない程度の離型効果が必要ですが、フッ素コーティングであれば、この要件を満たすレベルの非粘着性を発揮してくれます。離型における最難関ともいうべきこうした製品や部品を成形するには、フッ素系離型剤の一択と言ってもいいでしょう。

ピックアップ

コンテンツ一覧

SITE MAP